Welcome to my blog

言葉の花びら

CATEGORY PAGE

category: 父と暮らした日々の思い出  1/22

「子育ては人生の華(花)だった」と・・☆

= 異母姉弟と、私と = の、結びです姉は結婚して間もなく継母を自宅に呼んで「妹を可愛がってほしい。もしものことがあったら、私が承知しないからね!」と言ってくれたそうで、その話は暫く時が経った頃に自宅に私を呼んで、話してくれました!!兄は産褥熱で亡くなってしまった母親に一度も抱かれたことがなかったけれど、姉と一緒に父を困らせることなくついていき、コツコツ勉強していたその先に辿り着いたのは、安定した企業...

異母姉弟と、私と<3>

~ 「あんたなんか… あんたなんか…」と、折に触れて継母が私に言い放っていた言葉 ~姉と名古屋に住んでいる兄が、私とは異母きょうだいであることを知ったのは、継母が来てからで「あんたはお姉えちゃん、お兄ちゃんって呼んでいるけど、あんただけがお母さんが違うのだからね」と言われた時の、ショックと・悲しさと・寂しさが、今でも鮮明に蘇ってきます☆父はどこへ引っ越して行こうとも、昔からの写真をとても大切にしてき...

異母姉弟と、私と<2>

姉が一歳七か月の時に姉の母親は、二人目を出産後に新生児を残して産褥熱で亡くなってしまったそうです。それから四年後に父と親戚筋だった私の母が嫁いだけれど、早逝してしまい、父の手元に幼い子ども達三人が残されてしまった時、姉はまだ七歳だったけれど、その頃からいつも父の心に寄り添い 生活の手助けをしていたそうです。~ 父が子ども服を作る!! ~ 生地の上に洋服を載せてその周りを裁断し、手縫いしていくのを姉は真...