Welcome to my blog

言葉の花びら

CATEGORY PAGE

category: 父と暮らした日々の思い出  1/21

ああ~こんなにも美しくて !!

12月に入ってすぐに、天気予報ではもう師走の頃の寒さになると聞きましたが、どんなに寒くても、ここ小さな町には雪が降る日はとても少なくなりました☆小さな町にあっても、一体・・どれ程の木々の色があるのでしょうか~晩秋の~師走の空にあって~落葉樹の葉が散ってゆくまでの、色染めて移り変わっていく美しさを・・そして・・晴れていたならいつだって見えるこの空の青さが、たとえ代わり映えしなくても・私は、ここに残さ...

あの頃が懐かしい☆

~ いつも大相撲観戦を楽しみにしていた父が今も元気でいたなら ~こんなにもゴチャゴチャになってしまった大相撲の、観戦をするかしら?と思うほど、ことの騒動が収まる気配が見えないですね。この問題とは少しずれてしまうかも知れませんが・・最近の横綱・白鵬はいつも決まったように、格下の対戦相手に張り手をしているけれど~格下の方は、決して横綱に張り手などしない!と言うよりも、そのような失礼な手を使うことなど出...

懐かしい父の姿がそこに☆

No image

先週の土曜日(3日)に、今年中学2年生になった孫のAちゃんの体育祭があったので、私は午後の部だけになってしまいましたが、観てきました☆長女が2日前に知らせてくれたメールには「お母さんは今、忙しくしているから声を掛けようか、迷ったけれど一応知らせるね。無理して来なくてもいいからね」という内容でした。確かに今は毎日がいっぱいいっぱいだけれども、Aちゃんの頑張る姿を見たかったので、午後からの競技に間に合う...